staff坂東の亀岡パワースポット紹介!

▼2013年02月07日 山陰道(立札)
亀岡の本町みゆき通りから402号線に入って、常盤橋のバス停すぐ手前に山陰道の立て札が立っていました!
山陰道は、京都と丹波・丹後・山陰方面を結ぶ街道のことで、亀山城下の河原町で園部へ向かう道と篠山へ向かう道に分かれています。
この道は古くから交通の要として機能していましたので、人の流れや物流が集まり、亀山城下も随分賑わったそうですよ!
人がたくさん通るのでもちろん宿業も盛んで、亀岡に今も残る「旅篭町」という地名なんて、その当時の名残をよく表していますね^^

今は民家や商店が立ち並ぶ余り人通りは多くない通りですが、昔は大勢の旅人で賑わっていたのかと思うと、当時の情景をちょっと覗き見してみたくなりますね^^

場所:バス停常盤橋 手前

山陰道

▼2013年02月03日 亀山城跡
何度か見て歩きで登場した亀山城跡、ここは秋の紅葉の綺麗さでも有名だと思います!
昨年秋に紹介しそびれたのですが、2012年の紅葉も大変綺麗でした!!
人通りもあまり多くないので、ゆったり境内を歩きながら観賞できるのが嬉しいですね^^
2013年1月、もうすぐ梅の時期です。
城跡の表通り、入口の少し右辺りに梅林がありまして、毎年紅白の梅が綺麗に咲いています!!
今年もまた出かけたいと思います♪

場所:南郷公園裏 亀山城跡

亀山城跡

▼2013年01月26日 矢田天満宮
「矢田の天神さん」として親しまれる「矢田天満宮」へ出かけてきました!
由緒は・・・菅原道真が大宰府へ左遷される道中にて、山城国久世村の村長に大変親切にされたことを喜ばれ、後日にお礼として菅公の御影の軸が届けられたのを機に、社殿が造営されたのだそうです。

この天神さん、実は後陽成天皇の雷除けに霊験あらたかだったそうで、今でもその効果が信じられているそうですよ^^
2013年1月1日に行ってきましたので、今年は雷に遭遇しない1年になるのでしょうか!?
心強いです(^^)

場所:亀岡市上矢田町 鍬山神社~亀岡に続く参道沿い

矢田天満宮

▼2013年01月24日 石田梅岩の教えスポット!
石田梅岩の立て札紹介第7弾(^^)

画像の文章を現代風に訳しますと・・・ 「雲が動き雨が降り自然がそれぞれの姿と形をなし、しかも宇宙の本質は静止で無く変化であり、生きとし生けるものは、それぞれがあるべき生命を生き抜くものとなっている」

今回は漢文調でした。
いつもとは雰囲気が変わって梅岩の世界観が紹介されていました!

場所:グーグールマップの緯度経度 35.016075,135.575728

石田梅岩

▼2013年01月19日 亀岡の河川スポット 曽我谷川
亀岡にはたくさん川が流れていますね!
保津川へ流れ込む支流もたくさんあります。
今回は、保津川へ流れる支流の一つ、「曽我谷川」へ出かけてきました(^^)
亀岡市曽我部町の南端の山から、亀岡市街地を通って保津町の保津川下り乗船場付近で保津川に流れこんでいるんです。
看板にもありますが、一級河川なんです♪

撮影スポットは、曽我谷川とJR嵯峨野線が交差する鉄橋付近。
赤い鉄橋ですが、晴れの日の空の色に映えてとても綺麗でした!
JR嵯峨野線沿線は田畑が広がる見渡しのいい地域が多く、景観がとてもいいですね!

場所:亀岡 JR嵯峨野線沿線

曽我谷川

▼2013年01月13日 石田梅岩の教えスポット!
石田梅岩の立て札紹介第6弾(^^)

画像の文章を現代風に訳しますと・・・
「金銀は天下の財宝である。その財宝の一枚一枚は世の中で流通する役割を持つと同時に、人々を救い助ける役人としての役割も持っている。
それがゆえに人が困窮すると、その人たちを救ったりするし、また救われた人の中で、ありがとうとしみじみお礼を言う人がなくても、それが苦にもならない。その心境は聖人に勝るとも劣らぬといった所までいっているのではないだろうか。」

人を助ける金銭・・・近年社会保障や生活保護や金銭に関する社会問題が多発していますが、石田梅岩が生きていればどんな考えを述べてくれたでしょうか。

場所:グーグールマップの緯度経度 35.016255,135.579346

石田梅岩

▼2013年01月10日 鍬山神社
明けましておめでとうございます!
2013年も亀岡各地のパワースポットをドシドシ巡って行きたいと思います!
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、今年第1弾パワースポットは、毎年恒例の「鍬山神社」です(^^)
1月1日に初詣に出かけたのですが、相変わらずの凄い人数でした。
もちろん駐車場は満車、参拝には大行列でした。
1時間弱ほど並んだでしょうか・・・参拝できた頃にはすっかり体が冷えていました(笑)

境内には亀岡のゆるキャラかめまる君が来ていました!!
後で写真を撮ろうと思って行列に並んでいたのですが、戻るともういませんでした・・・残念。
かめまる君は本当にお子さんに大人気ですね^^

場所:京都府亀岡市上矢田町

鍬山神社

▼2012年12月26日 -亀岡の紅葉シリーズ4- 亀岡市役所
先月亀岡市役所の紅葉を見に出かけてきました!
亀岡駅周辺から、クニッテル通りにかけてなど、黄色系の紅葉が綺麗ですが、同じくここ市役所の前もすっかり秋仕様でした^^
車で来られた方は見られた方も多いのではないでしょうか。
市役所の敷地内の少し離れたところには「承文宇八幡」がありますので、そちらにお参りして帰ってきました。

場所:亀岡市役所

亀岡市役所

▼2012年12月22日 -亀岡の紅葉シリーズ3- 亀岡の名木「雑水川堤のエノキ」
先日ご紹介した「石田梅岩誕生石碑」。その横に亀岡の名木「雑水川堤のエノキ」があるのですが、今年の秋も綺麗に紅葉していましたのでご紹介します!
紅葉の赤も綺麗ですが、こういった鮮やかな黄色も良いものですね。
亀岡駅周辺はどちらかというと公孫樹など黄色系の紅葉が多いような気がします。
昔は並木状にたくさんのエノキが植えられていたのだそうですが、 現在残っているのはこの1本のみとのこと。
来年もまた綺麗な紅葉を見せてくれるといいですね^^

場所:亀岡市北町44

紅葉

▼2012年12月15日 石田梅岩石碑
亀岡出身の有名人と言えば・・・石田梅岩!
石田梅岩の誕生を記す石碑が、亀岡駅を出て右に進んだ楽々荘のすぐ横に立っています!
石碑には「心学 石田先生誕生地 東別院村字東掛此より三里餘」と書いてあります。
ここから12kmほど離れた現亀岡市東別院町で、石田梅岩は生まれました。
堀の真ん中に立っていますのでなかなか分かり難いですが、横に亀岡の名木のエノキがありますので、そちらを先に見つけて頂くと分かりやすいかと思います^^

場所:亀岡市北町44

石田梅岩

▼2012年12月06日 -亀岡の紅葉シリーズ2- クニッテル通り
亀岡で見かけた紅葉スポットをご紹介します!
亀岡駅前から続くクニッテル通りは、公孫樹がとても綺麗でした!
ニチコンさん辺りから南郷公園の前までずっと続いています。
紅葉の赤もいいですが、公孫樹の黄色もいいですね!
通りかかられた際は是非ご鑑賞下さい^^
ただ、通り脇には凄い量の落ち葉が落ちていまして、その掃除が大変そうだなあ・・・とちょっと心配になりました・・・。

場所:亀岡市クニッテル通り

クニッテル通り

▼2012年12月01日 -亀岡の紅葉シリーズ1- 大井町JR沿線
亀岡で見かけた紅葉スポットをご紹介します!
亀岡は、JR嵯峨野線を挟んだ保津寄りに田畑が広がり自然豊かです。
そんな風景を一望できる場所はたくさんありますが、今回出かけてきたのは、大井町でただ今入居者募集中のマンション「グローバル亀岡」の近くです!
電車の線路越しに風景画一望でき、遠くの山々の紅葉が見渡せてとても綺麗ですね!
こんな所に毎日住んでいたら目も悪くならなさそうです・・・。
鉄道マニアの方にとっても絶好の撮影ポイントだと思います^^

場所:亀岡市大井町土田二丁目

紅葉

▼2012年11月22日 法常寺へ出かけてきました!
紅葉が綺麗なことで有名な、法常寺へ出かけてきました!
夏の終わりに出かけたため、残念ながら紅葉の季節にはいささか早すぎましたが、緑が大変綺麗でした(^^)

↓周辺は山に囲まれた、けっこうな山奥です。

山奥
手水

高い石垣が迫力です。

石垣
山道 石垣

石の階段を上ると頂上です。風情があっていいですね♪

法常寺

頂上はけっこうな高台にありまして、下を覗くと怖いくらいでした。
周りが山林で木々が茂っているのですが、木の緑色が大変綺麗です。
秋になって紅葉すればきっとすごく綺麗なんだろうなあ・・・と想像できるような景色でした。
今の時期、丁度紅葉で綺麗かもしれませんね^^

法常寺 法常寺

場所:亀岡市畑野町千ヶ畑藤垣内1


▼2012年11月17日 旧町の聖隣寺!
旧町の聖隣寺へ出かけてきました!
入口にちょっと不気味(?)でユーモラスな像があってびっくりしました(^^)
境内には織田信長の供養塔があるそうですよ。
明智光秀が大山崎の合戦で敗れた後、亀岡は豊臣秀吉の支配地となり、豊臣氏の重臣が城主として配置されたのですが、その中の一人に、秀吉の養子となり羽柴秀勝として亀山城主に配置された織田信長の四男於次丸(おつぎまる)がいいました。
供養塔はその秀勝が父信長の菩提を弔うため建立したのだそうです。
さすが歴史溢れる亀岡旧町、光秀、信長、秀吉など有名人関係のエピソードがたくさん出てきて、興味深いですね♪

場所:亀岡市西竪町

聖隣寺

▼2012年11月10日 亀山城下のお堀跡!
亀岡旧町のお堀です!
城下町の面影が残る旧町にはたくさんのお堀跡がありますが、このお堀は亀岡城南東の三重目のお堀、一番外の堀にあたります。
このお堀の外にちょうど足軽屋敷や御旗・同心組の組屋敷がありました。
敵襲の際には真っ先に駆けつけられる位置ですね。
亀岡城下町には亀山城の堀の跡がたくさん残っていますので、散歩がてら辿ってみるのも楽しいと思います(^^)
そういえば、小さい頃通っていた亀岡小学校の裏側にも小さなお堀がありましたよ♪

場所:亀岡市西竪町 聖隣寺の横

亀山城

▼2012年11月03日 稱名寺!
琉球に渡った袋中上人が建立された・・・亀岡西竪町の「稱名寺」へ行ってきました!
境内にはなんと、東別院町の小泉から移されたとされる、平安時代中期の女流歌人、和泉式部の墓と言われる五重宝きょう印塔があるのだそうですよ♪
一度は亀岡城下の大火で焼失してしまったのですが、その後無事再建されたようです^^

場所:亀岡市西竪町20

稱名寺

▼2012年10月28日 嶺樹院!
亀岡藩主菅沼定芳公の母君が先祖を弔うために建立された「嶺樹院」へ出かけてきました!
場所はスーパーマツモトの裏手ですが、少し道を入った所なので見つかりにくいかもしれませんね。
このお寺には菅沼定芳公の宝物で中国の碧眉(或いは顔輝)の筆と伝えられる「達磨半身図」が伝来しているのだそうです!
毎年11月5日頃の達磨忌の法要ではその図が見られるそうですよ^^

場所:スーパーマツモト中央店裏手

嶺樹院

▼2012年10月13日 もうすぐ亀岡祭!
2012年10月、遂に今年も亀岡祭の季節がやってきましたね!
私坂東は通勤でJR亀岡駅を利用することが多いのですが、駅の改札前に早くも亀岡祭のモニュメントが登場していました!
提灯と山鉾の車輪が飾られています。
夜に行くとライトアップされていて綺麗ですよ(^^)
亀岡のあちこちにも、お祭り当日の通行規制の看板が続々登場していまして、「もうすぐお祭りだなあ・・・」と感慨深い気持ちになりますね。
宵山、本祭が楽しみになってきました!!

場所:JR亀岡駅改札前

亀岡祭

▼2012年10月07日 延福寺
本梅町の延福寺へ出かけてきました!
二天門の朱塗りの門が大変綺麗でした^^
そして門脇にはお決まりの像が二体。
口を開いた像と閉じた像の阿吽像です。
少し中華っぽいイメージでユニークでした!!

夏の終わりごろに出かけてきたのですが、亀岡市ホームページによりますと、このお寺の境内は秋の紅葉が大変綺麗なのだそうです。
紅葉の名所・・・亀岡にたくさんあって嬉しいですね。
秋ごろにまた出かけてみようかと思う今日この頃。
残念ながら出かけた時には紅葉はまだでしたが、代わりにに寺前の風景がとても綺麗で、思わずカメラをかまえていました(^^)
稲穂の黄緑色がなんとも幻想的・・・目の保養にぴったりです♪

ところで、この延福寺、境内には国の重要文化財の十三重塔があるそうなのですが・・・そうとは知らず見逃してしまいました!!
悔しいので亀岡市ホームページの写真でも眺めていることにします・・・。
(→市の十三重塔の写真は こちら)

場所:京都府亀岡市本梅町西加舎 的場12

延福寺

延福寺

▼2012年10月06日 石田梅岩の教えスポット!
石田梅岩の立て札紹介第5弾(^^)

画像の文章を現代風に訳しますと・・・
「商品が二重の利益をとり、二升の真似をし、密かな賄賂を受け取る。
ほんとうに危険なことである。
それはまるで空に浮かんだ雲のようなもので、すぐに消えてしまうものだ。
だからこういったことを慎むのは、学問の力であって、学問を学び、商人道を身につけることによって可能になるのである。 」

学問の大切さを力説する梅岩氏。
いくつになってもどんな時でも、学問の教えは大切ですね!
人間生涯勉強・・・身にしみます・・・。

場所:亀岡銀座前  googlemap35.015862,135.575937

石田梅岩

▼2012年09月22日 風尾八幡宮
前回、本梅町の加舎神社へ出かけた帰り・・・道を車で走っていると、たまたま小さな鳥居を発見しました(^^)
鳥居からは小さな階段が上方へ続いていまして、本殿らしき建物が見えます。
早速お参りです!!
こんな時にスマートフォンは便利ですね!調べてみると「風尾八幡宮」でした♪
御祭神は応神天皇だそうですが、看板等は一切ありませんでしたので残念ながら由緒は不明です。
話は大分逸れますが・・・風尾八幡宮前の田園風景がとても素敵でした。
一面の田んぼと遠くの山々が障害物なく見渡せる絶好の観賞ポイント・・・。
田舎好きにはたまらない景色です^^

場所:本梅町西加舎

風尾八幡宮

▼2012年09月15日 加舎神社
本梅町の加舎神社へでかけてきました!
普通の道の横にあるのですが、回りをこんもりした森(木々?)囲まれているため、正面から回ってみないとそこにあることが分かりませんでした(^^;A

創建は平安時代だそうですが、その後戦国時代に明智光秀の丹波平定の際の兵火により焼失してしまったそうです。
その後再建され、現在の地に移されたのは徳川幕府の時代でした。

先日ご紹介した宮川神社といい、今回の加舎神社といい、亀岡は光秀の戦関係で焼失した寺社が本当に多いですね。

場所:本梅町西加舎

加舎神社

▼2012年09月08日 石田梅岩の教えスポット!
石田梅岩の立て札紹介第4弾(^^)

画像の文章を現代風に訳しますと・・・
「主人から奉公人まで一致団結の力は、10倍の相手に勝り、一体の精神がない時は、多数はかえって頼りにならない。
世の中がどれ程不景気でも主人から末端まで一致して忠孝の意思をもって勤勉につとめれば、そこに競争相手に打ち勝つ繁栄の幸運の相が輝いているものである。 」

確かに一致団結の力は凄いですね。
近年不動産業界でも大手企業への一極集中が進んでいますが、こういった一致団結のパワーは地元の地域密着企業の強みになるかもしれませんね(^^)

場所:亀岡駅右行く、ふれあい通り交差点近く googlemap35.016369,135.576884

石田梅岩

▼2012年09月01日 宮川神社
宮川町の宮川神社です。
うっそうとした森の中にあり、なんともいえない静かな雰囲気でした。
元々の建物は、天正5年に明智光秀と波多野秀治の合戦の際に消失してしまいましたが、場所を移し再建したのが現在の宮川神社です。

祀られている神様が下賀茂神社と関係が深く、葵祭の行列には氏子青年が奉仕に参加されているそうですよ(^^)

場所:亀岡市宮前町

宮川神社
<次のページ   前のページ>